2015年04月20日

【RoM】暗礁の胸騒ぎ・異聞 H

※ 諸 注 意 ※
この文章はRunes of Magic 5章プロットクエスト『暗礁の胸騒ぎ』のメルディンツンドラ以降のクエストを日本語訳(意訳)し、独自の解釈を加えて物語風にまとめてみた、いわゆる妄想の産物です。実際の内容とはかけ離れている事も多々ありますので、その点留意された上でご一読頂ければ幸いです。尚、性質上ネタバレを含みますのでご注意下さい。




9.運動

「おかえりなさい・・・ふふ、いい運動になったでしょう?」

Nynkeは『運動』から戻ってきた私を見て満足そうに頷いた。

彼女が『運動』と称して私に依頼したのは、メルディンツンドラの氷河の上にのみ咲くという氷結晶の花を摘んでくるという内容であった。聖樹の苗木は呪いによるストレスのため栄養が不足しており、この花の持つ透明な力が有効に働くだろうとの事である。
私は体よくタダ働きさせられている気がしながらも『運動』をこなし、彼女に氷結晶の花を手渡した。

「ご苦労だったな、ドラゴン使節。・・・Nynke、こちらの準備はできている」

MerP012.jpg[Kadmos]

それまで沈黙を守り続けていたKadmosが不意に口を開いた。と同時に、彼の隆々とした体躯の影から、対照的に小さく可愛らしい少女が姿を表した。
Adamileである。
その両手にはしっかりと聖樹の苗木を抱きかかえている。
Nynkeは満足そうに頷くと、Adamileを手招きして自身の近くに呼び寄せた。

「オーケー、ありがとう。・・・それじゃAdamile、始めるわよ」

Adamileは言われるまま、おずおずと苗木を差し出した。Nynkeはその苗木の上で、私から受け取った氷結晶の花を握り締め、呪文のような言葉を呟いた。竜族の言語なのだろうか、エルフともドワーフとも異なる独特の唸り声のような響きが辺りに木霊する。そして、Nynkeの握った拳の隙間から、鮮やかな青い液体が光とともに迸り、聖樹の苗木に降りかかった。
すると液体に反応するように、苗木の内側から緑色に輝く粒状の光が発生し、周囲を覆い始めた。これは、以前AdamileがAlahna Dikatに使ってみせたフォースの力によく似ていたが、その規模は桁違いであった。

「──聖樹の苗木は本来の力を取り戻しました。
とても・・・素晴らしいことです。私は、非常に多くの紆余曲折を経て、ここまでたどり着きました。
苗木を取り戻してくれた騎士様、そしてSismond様。また、問題を解決するために力を貸していただいた竜族の皆さん。
あなた達は──本当に聖なる王の予言の使者です」

Adamileは深々と頭を下げ、感謝の言葉を述べた。
──その中にSismondの名前が入っているのは気になるが、彼女から見れば、聖樹を救ってくれた一人には違いないのであろう。
そういえば、そのSismondはどこへ行ったのだろうか。私が目覚めて以降、一度も見かけていない。
彼女なら居場所を知っているだろうかと、Adamileの方に向き直ると──彼女の表情が微妙に曇っていることに気がついた。
何か別の問題でもあったのだろうか。

「苗木が力を取り戻した事で、ここから聖樹本体の意識であるGutaiとの接触が図れるはずなのですが──」

どうやら、聖樹に関わる任務はもう少し根が深そうな様相を呈してきたようである。
posted by こきび at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 暗礁の胸騒ぎ・異聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クライアントが起動しないんだけど....
Posted by Mayuyu at 2015年04月20日 21:56
工エエェェ(´д`)ェェエエ工

もうちょい具体的にお願いします><
ランチャーは起動するのかな?
サーバー選択画面は出る?
Posted by こきび at 2015年04月21日 01:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/416785456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック